飼う前に知っておきたいシェパードの散歩の注意点❘雄と雌、力や性格の違いは?

シェパードを飼おうか悩んでいるなら散歩が気になると事だと思う。これまでシェパードの雄も雌も飼って来た僕からするとシェパードは雄雌に関係なくほぼ同じ位の体力があるので、散歩の量に関しては差は無いと思って良いと思う。だが別の意味では雄と雌には明確な違いがある。

シェパードの雄の散歩

シェパードにとって散歩は最も大切な事だと思う。健康・コミュニケーション・社会性など、成長に不可欠なあらゆる事に繋がり、十分な散歩無くして健全にシェパードや大型犬を飼う事は難しいと思う。シェパードを飼っている中で起きた色々な問題は十分な散歩によって解決した事が多々あるからだ。雄のシェパードは体が大きく力も強い。どんなに訓練された犬でも興奮し我を忘れる事が無いとは言い切れない。そうなった時力で犬を制さなければならいのだが、果たして女性にそれが出来るだろうか?因みに僕のスペックは身長176㎝体重75㎏、背筋力180㎏握力68㎏。決して細くはない。

シェパードの雌の散歩

雌のシェパードは雄のシェパードよりも大人しいと思う。過去の喧嘩原因を振り返ると餌をとられた時といぐしが調子に乗った時以外は唸ったり歯をむき出した事はない。根本的な性格に柔らかさを感じるし、初めてシェパードを飼うなら僕は雌のシェパードを勧める。散歩も妻が1人で行けるし、雌のシェパードは争わない判断をする。性格や訓練もあるだろうが、争うと飼い主にも危害が及ぶと思っているようにも感じる。

シェパードや大型犬の散歩が出来る環境か

シェパードや大型犬、そのほか様々な種類の犬がいるが、犬を飼う時の判断基準として価格や性格と言った犬のデータに加え、自分の環境を判断基準にする事を勧める。犬を飼える環境にあるかではなく、自分が欲しい犬が自分の生活環境に適しているかである。

雄でも雌でも若いシェパードの散歩は女性1人では難しい

冒頭書いたように我が家では雄のシェパードの散歩をするのは僕だけだ。雄のシェパードの性格と体力を考慮し、万が一の事を考えているからだ。もしかしたら雄のシェパードも年を重ねる事で性格が落ち着いて来るかもしれないが、あくまでも判断基準は興奮した状態を制する事が出来るかどうかだ。そういう事が出来る女性もいると思うが、そう多くはないと思う。

シェパードの雄と雌最大の違いは力

シェパードの性格の違いは多岐に渡るが、今回の視点は人間から見たシェパードの雄雌の違いなので、その違いを説明するなら僕は力の差だと思っている。最初でも最後でも良いが、シェパードを飼う時の重要な判断基準はその犬が興奮した時に飼い主や飼い主の家族が素早く制する事が出来るかだと思っている。それが出来る人なら散歩して良いし、出来ない人には散歩をさせない。誰もそれが出来ないなら訓練に出すことが出来ても飼うべきではない。

雄のシェパードを訓練に出す

訓練に出す事で人間社会に順応しやすくするのは大切だ。シェパードに訓練は絶対に必要だと断言する。もしこれから飼おうと考えている人が訓練士などではなく、訓練に出さないつもりなら絶対に飼わない方が良い。犬も人も絶対に幸せにはなれない。その上でさらに散歩の問題は別と考えた方が良い。どんなに訓練された犬でも万が一の事を考えなければならない。

まとめ

僕はただの愛犬家で 訓練士ではない 。ブログを見て貰えれば犬に対する考え方や姿勢は見て捉える事が出来ると思うが、これらは全て我が家の経験に基づく判断である事を分かった上で参考にしてほしい

雄のシェパードを制する事ができるか

  • 身長176㎝体重75㎏、背筋力180㎏握力68㎏の男性でギリ引っ張られない
  • 前足を上げると身長176㎝の男性の鎖骨にかかる
  • 体重は40㎏で100mを9秒以内で走る

この犬が興奮したら制する事が出来ますか?

7年このリスクを意識し散歩出来る人がいるか

我が家ではえばしが7歳頃から体力や性格に目立った変化が起きた。いわゆる年ってやつで、とても丸くなった。これ以降は女性1人で散歩に行けるようにり、それまで散歩をする人は限られていた。

訓練に出す事ができるか

我が家は6か月で30万訓練費用がかかった。

これらを踏まえシェパードを飼えるかどうかを考えて見て欲しい。種類や性別や価格、流行もあるかもしれないが重要なのは力の差だ。犬を飼う家族の中で一番の力持ちは誰だろう?7年間その人が十分な散歩を出来るのなら家族の一員としてシェパードの雄を迎え入れても良いと思う。勿論訓練に出す前提で。だが力と環境と訓練のどれか1つでも欠けているのなら、シェパードの雄を飼う事を僕は勧めたくない。体格の小さな犬を選ぶべきだと思う。